二日酔い予防にはオルニチンがおすすめ!

お酒を飲み過ぎて二日酔いが辛い……そんな朝を迎えた経験のある方は多いのではないでしょうか。また歳を重ねるにつれ、昔はなんてことなかった量のお酒でも二日酔いになってしまうようになった、と嘆く声もよく耳にします。

 

二日酔いはお酒を飲んでから一晩経っているにも関わらず、アルコールを分解した後に発生するアセトアルデヒドを無毒化する処理が終わっておらず、体内に有毒なアセトアルデヒドが多量に残っているために発生する現象です。

 

そして、アルコールの分解もアセトアルデヒドの解毒もどちらも肝臓が受け持っているため、主に肝臓の疲労や老化によって二日酔いは発生しています。

 

お酒をたくさん飲めば肝臓の処理量が増え二日酔いが起きるのは仕方ないですし、老化も根本的に裂けることはできませんが、オルニチンを飲み肝機能を向上させることで二日酔いを予防することはできます。

 

オルニチンは成長ホルモン誘導体ですので、オルニチンを摂取すると成長ホルモン分泌が促進されます。成長ホルモンは肝臓に直接働きかけ、体の成長を促すと共に肝機能をも向上させるため、このことがオルニチンを飲むと肝機能が向上する理由と考えられています。

 

この効果は一時的ではありますが、お酒をたくさん飲むことが分かっている飲み会の前などに飲んでおけば、アルコールが大量に入ってきてもあらかじめ活性化している肝臓によってスムーズに分解・解毒されていくことでしょう。