コレステロール値改善にタウリン

一昔前は血中のコレステロールは完全悪であり、体に害悪で低ければ低いほどいいと考えられていました。今ではコレステロールと一口に言っても善玉コレステロールと悪玉コレステロールで性質が全く異なること、一定のコレステロールは必要不可欠であることがわかっていますが、それでも血中コレステロールが過剰な状態はやはり健康に良くありません。

 

特に悪玉コレステロールが過剰な状態は生活習慣病の高リスクな状態といえるでしょう。そんな状態を改善するにもタウリンは大活躍します。

 

タウリンを摂取すると確かにコレステロール値が速やかに減少しますが、これはタウリン自体がコレステロールに直接作用しているわけではなく、肝臓が胆汁酸を合成する働きを高めるのです。胆汁酸はコレステロールから合成されてできており、胆汁酸の合成量が増えるとコレステロールがたくさん消費されるようになり、作られた胆汁酸はどんどん排泄されていくため、つまりはコレステロールの排泄量が増加するという結果が起こるのです。

 

コレステロールが過剰な状態はいくつも原因が考えられるため、長期にわたる場合は一度検査などを受けるのが安全ですが、生活習慣が原因で高コレステロールとなっているがなかなか改善が難しいという方はタウリンを活用してみる価値は十分にあります。

 

高コレステロールなどの脂質異常症は放っておくと取り返しの付かないことにもなりかねませんので、早めに対策を取っていきましょう。